ブログ

矯正治療はパッケージ料金が安心

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野正志です。

今回は、「矯正治療をするなら、後から追加料金がかからないシステムが精神的に安心」という内容です。

 

 

いよいよ夏休みがスタートです。夏休み中にお子様の歯列矯正を始めたいとお考えの方は是非お早目にご相談ください。夏休みの宿題と一緒です^ ^

 

お電話でもお子様の矯正治療について、保護者様からよくご質問を受けます。ですが、お子様の歯並びに同じ歯並びはありません。一度、私がお口の中を拝見させていただかなくては、責任をもって治療についてはお話ができません。

お電話での治療方針についてのご相談はお断りさせていただいております。お手数ですが、一度、初診相談にご来院下さい。

 

 

次に多いのが、「費用について」になります。

お支払いのタイミングや分割方法についての質問はかなりございます。また、ウェブサイトに各装置別治療費について表記していましても「他にも何か費用がかかるのでは?」と心配される方がいらっしゃいます。

 

確かに、その気持ちはわかります。車を購入しようとしたら、実際はオプションや税金やらで結局、用意していた予算を超えてしまうというような事は結構あります。急に予算を超えてしまうと、他の事に使用する予定だった貯金を切り崩さなくてはならなくなります。また、追加で費用を払っているうちに、全部でいくら払ったかわからなくなる事もあります。

 

追加費用がかからないトータルフィー

 

 

治療費総額固定制とは

当院は総額固定制(パッケージプラン)を採用しています。これが当院の特徴となっています。

 

総額固定制 矯正治療費用

 

トータルフィーとも言うこの費用体系の最大のメリットは治療費がわかりやすい事です。各処置・装置ごとに治療費を分けている料金体系もありますが、「結局いくらかかるのか?」がわかりずらくなります。矯正治療は自費診療のためある程度費用がかかる治療ですから、治療時にお支払い計画をしっかり立てておきたいものです。

 

その他、このような費用設定になっております。

☑︎どんな症状も一緒です。

☑︎毎回の診察料・クリーニング料などありません。

☑︎矯正装置料というのは別途ありません。インプラントアンカーも込です。

☑︎治療方針が変わり、装置追加になっても追加料金はありません。

☑︎本格矯正の場合はリテーナー料も含まれています。

☑︎メンテナンスに入って1回目まで費用に含まれています。

☑︎毎回の支払いがなくスムーズに診察が終わります。

 

 

毎回会計があると、私たちも患者さんも大変です。総額制は全ての人にメリットがあります。また、当院は院内分割も行なっておりますが、準備矯正は2回、本格矯正は4回まに設定しております。これ以上に細かい分割は、結果的には会計を複雑化させてしまいますので、お手数ですがデンタルローンなどをご利用下さい。

 

矯正治療費って何?

治療費とは矯正装置の値段ではありません。全て、私たちの知識と技術料になります。ですから、この矯正装置の値段が一ついくらという計算はありません。

 

例として裏側矯正治療が表側矯正治療より高額なのは、研究と研修によって身につけた「希少な治療知識料」と、毎回の診療の難易度があがる「高度な技術料」という事になります。

 

当院は郊外の医院ですので、都内の一般的な相場より低めの設定になっております。

 

⇨詳細な費用説明はこちら

(2015.7〜より新しいわかりやすい料金体系に変更されました。)

このエントリーをはてなブックマークに追加