筋機能訓練(MFT)

筋機能訓練(MFT)


筋機訓練の目的は次の3つです。

 1.歯並びが悪くなるのを予防する。

 2.矯正治療を円滑に進め、治療期間を短くする。

 3.矯正治療後の後戻りを防ぐ。

 

つまり筋機能訓練とは、口のまわりの環境を病気に負けないようにトレーニングしてあげる事です!当院はこのトレーニングであるMFTに力を入れています。


口呼吸の歯並びへの影響

鼻呼吸・口呼吸の違い

どんな人も歯並びは一生動き続けものです。それは歯の位置は口の筋肉のバランスによって正しい位置に保たれているからです。このバランスが崩れると歯並びは簡単に崩れてしまいます。この原因は様々ですが今一番注目されているのが口呼吸です。

 

口呼吸とは鼻で呼吸をせず、日常的に口が開いており、口でしか呼吸をしていない状態の事です。口呼吸の状態は以下のように舌の位置が下がり、口の周りの筋肉が使われていない状態になります。

 


舌、鍛えていますか?

呼吸の仕方が以外にも舌の動きは、飲食・発音に大きな影響を及ぼしています。

 1.鼻呼吸の際は舌を上に持ち上げなくてはなりません。

 2.飲食の際の正しい飲み込み方は舌を上につけて、下あご〜のどの筋肉を使う必要があります。

 3.サ行・タ行を滑舌よく発音するためには舌を上に持ち上げます。

 

小帯といって舌のひもが短かったりする事で可動域が狭い方。舌を動かす筋力が不足している事で舌が常に下の前歯のあたりにある方。これらは舌が持ち上がらない「低位舌(ていいぜつ)」の可能性が高いです!トレーニングをしましょう!

 

低位舌の種類


万能!あいうべ体操

当院で推奨しています効率的なお口のトレーニングの一つとしてあいうべ体操があります。お子様〜成人まで、毎日30セット以上やります。当院でも推奨しています。口のまわりの筋肉と舌の運動とができます。みらいクリニック:今井一彰先生が考案した全国的に広まっている体操です。

 

あいうべ体操


MFTのメニュー・費用

MFTは基本的には矯正治療の契約をされている方に行いますので費用に含まれています。MFTのみのご希望は申し訳有りませんが受けておりません。

 

取り入れやすいライトコースと本格的6ヶ月コースをご用意しています。

 

※ライトコース

毎回の診療日の空いている時間を使って10分ほど簡単なメニューの説明を行います。これにより矯正治療の効果スピードをアップしたり後戻りを防ぎます。

 

※6ヶ月集中コース

半年間2-3週ごとに通院していただきビデオ撮影なども行い評価します。

内容:問題調査→改善メニュー作成→お家での毎日の宿題→毎回の評価の繰り返し

6ヶ月コースは保護者同伴で必ず受けていただく事と平日5時までに通院していただきます。

混み合う土日・平日夕方には行なっていません。

 

⇨MFTはプレオルソと併用する事で効果が上がります。