マウスピース矯正で快適な矯正ライフを!

千葉県船橋市・八千代市のマウスピース矯正 マウスピース矯正で快適な矯正ライフを! 全世界で支持を得ているマウスピース矯正!「矯正はしたいけどワイヤーの矯正装置をつけたくない」という方におすすめの矯正治療方法です!

インビザライン(マウスピース矯正)とは?

歯の形をしたフィルムを使用し、歯列を動かす方法です。

歯の形をしたフィルムを約2週間ごとに交換しながら歯列を動かす方法です。フィルムは取り外しが可能で透明です。お食事・清掃以外は基本的には使用していただきます。
フィルムは毎回少し歯列を動かした状態(~0.3mm)で作成しています。期間が来ると歯列の移動が完了し、次のフィルムに進みます。この繰り返しで歯列矯正を行います。このフィルムをアライナーと呼び、治療終了するまでに何十枚と使用します。

自分で簡単に取り外しができて、目立たない!

  • step1

    軽くて薄いマウスピースです。

  • step2

    片手で簡単に装着ができます。

  • step3

    装着しても目立ちません。

インビザラインは全世界で支持を得ている矯正治療法です!

  • インビザラインにとても満足!

    インビザライン治療に「極めて満足」もしくは「非常に満足」と回答した患者さまの割合
  • インビザラインを知人にぜひ進めたい!

    インビザラインを知人に「間違いなく薦める」もしくは「薦める可能性が高い」と回答した患者さまの割合

    (米国マーケティング社2004年4月調査 対象者225名)

全世界で圧倒的シェアを誇るインビザライン

「絶対にワイヤーの矯正装置はつけたくない」という方も多くいらっしゃいます。

「矯正はしたいけど、ワイヤーの矯正装置はつけたくない」このような患者さまは多くいらっしゃいます。
その理由は主に6つ挙げられます。

  • 食事が億劫になる

    最初は痛みもありますし、ワイヤー
    装置はやはり食べ物がひっかります。

  • 歯ブラシが大変

    装具の掃除のため時間をかけなくては
    なりません。

  • 口内炎が痛い

    装置の角が頬や舌にあたります。
    体調が悪い時はできてしまいます。

  • 矯正装置が見える

    どうしても大切なイベントがある時だけ
    外したいという方が多いです。

  • 金属アレルギーが不安

    年々金属アレルギーの保有者は
    増えています。

  • 装置を自由に外せない不安

    心の持ちようですが、意外と多い
    意見です。

このような悩みをすべて解決できるのが「インビザライン」なのです!

矯正治療に対するニーズもどんどん変化してきました。以前は「早く終わる事」とか「目立ちたくない事」でした。今患者様が求めている事は、「治療中も快適に過ごせる事」です。快適な日常生活というのは、本来ヒトが持っている当たり前の欲求なのかもしれません。

インターネットからのライン予約はこちら
お電話でのご相談・お問い合わせはこちら

インビザラインのメリットは?

  • 食事の際は外して美味しくご飯が食べれます。
  • 取り外しができるので歯磨きが楽で衛生的です。
  • 透明のクリアフィルムなので目立ちません。
  • 力が弱いので痛みが少ない傾向にあります。
  • 術前シミュレーションがあるので歯の移動に無駄がありません。
  • 固定式の装置と比べて治療中のむし歯や歯周病のリスクが低いです。
  • 金属アレルギーの心配ありません。
  • 通院回数が固定式装置と比較して少なくて大丈夫です。

インザビラインは全世界で支持を得ている矯正治療方法です

  • 適応できない症例があります。

    出っ歯を後ろに下げたい希望がある方・八重歯など強いデコボコがある方には不適です。
    このような方は抜歯の併用になる傾向があり、インビザライン単独では困難です。
    ワイヤー装置が向いていたり、固定式装置との併用による治療が必要です。
  • 規定の時間(20時間程度)使用し続けなければ治りません。

    規定の時間を守れない場合は、期間が延びるだけでなく方針の変更が必要になります。
    つけたままでもお話はできるのですが、食事はできません。
    会食などが多い方は向いていません。
  • 15歳未満の方には適していない傾向にあります。

    成長のある程度の完了と、歯が完全に生えていない中学生までは
    ワイヤー矯正を推奨します。
  • 治療にはアタッチメントとストリッピングが必要です。

    歯を効率的に動かすためにに歯面に小さなブロックをつけます。目立つ事はありません。
    また歯を並べるスペースの獲得に0.5mm以内で歯にヤスリをかける必要があります。
    ストリッピングといいますがシャーペンの芯より少ない量です。痛みやリスクはありません。

みんなのギモン Q&A 「マウスピース矯正で本当に歯並びが治るの??」

マウスピース矯正には多くの種類があります。また使用時間の規定があります。
多くのインビザラインの使用者は正しい使用方法で確実な結果を出しています。マウスピース矯正といっても簡単に作るわけではありません。他のワイヤーの矯正治療方法と同じく細かく分析に診断をするべきです。ですから設計図が悪いとできあがる建物も不安定になります。
家を立てる時は建築士にお願いするのが間違えないように歯並びを作る時は矯正の専門医院に任せることが間違えないと言えます。
矯正専門なら治療後のメンテナンスまで考えています。
治療はぜひ矯正専門医院にご相談ください。
(まきの歯列矯正クリニック 院長 牧野 正志)
インターネットからのライン予約はこちら
お電話でのご相談・お問い合わせはこちら

治療の流れと費用

  • 初診相談(約45分程度、料金はかかりません)
  • 精密検査(歯の型、お口の中の写真、レントゲン写真など)
  • 診断・専用の歯型(PCV印象) 
  • 3Dデジタル歯型のチェック(クリンチェック)
  • 治療スタート(インビザライン装着、アタッチメント装着)
  • 定期的な通院(1~2ヶ月に1回)

インビザラインの費用について

当院の治療費は治療開始前にお支払い総額を提示する総額方式の料金体系となっております。当初にご提示したお支払い総額以外に費用を頂くことはございません。通院時の処置代などの都度お支払い頂く費用は不要です。
診断料 ¥37,000 +TAX
治療費 ¥900,000 +TAX
※分割にて支払も可能です。(半年ごと4回)
※費用や支払いについては詳しくはこちらをご覧ください。

インビザラインによる治療例

治療後、治療前

治療期間、約12ヶ月で歯並びがきれいに治りました。

昔から上下前歯の歯並びが気になっていたIさん。でも矯正治療には中々踏み出せないでいました。仕事柄、接客業なので人前でわかるワイヤーの矯正治療はNG。裏側矯正も考えたが、仕事が忙しく通院する時間の確保が難しい。何かいい方法がないかなと・・・そんな時、学生時代に留学していた頃のアメリカ人の友人が「とてもいいよ」勧めていたインビザラインを思い出します。「これなら」と意を決して矯正治療をスタート!透明なフィルムは人に気がつかれる事はほとんどなく、何よりも食事が楽で、快適そのもの。幸いライフスタイルや症例パターンがぴったり当てはまっていたようで約1年間程度終了。長年のコンプレックスがようやく解消されました!
インターネットからのライン予約はこちら
お電話でのご相談・お問い合わせはこちら