■初回クリンチェック

■リファインメントクリンチェック

 

 

症例解説

歯並びを整える事と受け口傾向になっている下の前歯を後ろに引っ込める事と、上下が空いている前歯を噛めるようにする目的で矯正治療を開始しました。上下の正中線も1歯分ずれていました。目立たない矯正装置を希望であった事と運動部に影響が出にくいマウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用しました。顎間エラスティックという輪ゴムを上下の歯に夜間かけてもらい、下の歯並びの後方移動(遠心移動)を行いました。初回オーダーのアライナーでは前歯の噛み合わせが治りきらなかったため、追加アライナーを発注し、さらに後方移動を行いました。

治療後はしっかり前歯で噛めるようになり、ずれていた上下の正中線もピッタシ揃える事ができました。真ん中のラインが合うと、歯並びの見栄えがぐっと良くなります。

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別17歳女子(高校生)

住まい:千葉県八千代市

治療装置:インビザラインフル

治療方針:下顎臼歯後方移動・ストリッピング

抜歯:なし

治療期間1年10か月

アライナー枚数:23+28ステージ

リテーナー上下顎プレートタイプ+フィックスタイプ

 

治療費について詳しくは⇨