右側が八重歯になっているケースです。右上の奥歯をインプラントアンカーを使用して後ろに引っ張り、できたスペースに犬歯を配列しました。インプラントアンカーはミニスクリューとも呼ばれる歯茎に入れるピアスみたいなものです。使用する事で通常では不可能な歯の動きを可能にしてくれます。将来的には埋まっている親知らず抜歯を推奨しています。

当院では15歳以上の患者さんに使用しています。

 


 

主訴:八重歯

年齢・性別:15歳女性(高校生)

住まい:千葉県船橋市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ

治療方針:右上インプラントアンカーによる後方移動(右上頬側

抜歯:なし

治療期間1年9か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費について詳しくは⇨