症例解説

過蓋咬合のケースです。マウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用し、非抜歯にて治療を行いました。1度リファインメントを行いましたので、アライナーの使用枚数は17+11枚です。途中から顎間エラスティックも使用して、噛み合わせの仕上がりも問題ありません。
マウスピース矯正はケースによっては従来型の矯正治療より早く終える事ができる事もあります。「早く」「痛くなく」なら選択するメリットはありますよね。

1.治療を終えて、歯並びの満足度はいかがですか?

満足です。きれいに並んで良かったと思います。


2.矯正治療をしてみてどうでしたか?

想像以上に短期間で終わり、痛み(←治療中の)もほとんどなかったので矯正して良かったです


3.これから矯正治療をしようと考えている方へ一言お願いします!

絶対やるべきです!!笑うとき、歯を自信を持って出せます☺️


治療費について詳しくは⇨