症例解説

上の前歯と下の前歯の前後的な隙間が1cmある典型的な上顎前突です。上顎第一小臼歯を2本抜歯して、その隙間を全て前歯を後ろに引きました。治療中に、上の前歯をぶつけて脱臼してしまうというアクシデントもありましたが、ワイヤーが付いていた事で完全脱臼(口の外に抜けてしまう事)にはならず、なんとか元の位置に戻す事ができました。男子の上顎前突の外傷率は高いです。できるだけ中学校までに矯正治療を行った方が良い思います。

1.治療を終えて、歯並びの満足度はいかがですか?

治療前と比べると、とてもきれいに歯が並んでいて、とてもよかったと思います。前歯がさがって口もとじやすくなってうれしいです。


2.矯正治療をしてみてどうでしたか?

最初のころは痛いと思うことがよくありましたし、途中でけがしてしまうこともありましたが、地道に進めて結果がよくついてきてよかったです。


3.これから矯正治療をしようと考えている方へ一言お願いします!

自分の歯のことなので最初は痛みをともなうかもしれませんが、考えているなら、自分で決断して頑張ってほしいと思います。


治療費について詳しくは⇨