症例解説

前歯が噛めない開咬症は、奥歯に負担がかかり将来的には歯の寿命が短いと言われています。噛み合わせ・見た目・長持ちを全てを考え矯正治療を行うメリットが高いと言えます。多くの場合は舌の位置にも問題がる事多く、MFTトレーニングが必要です。下の歯並びの左への偏位もあって難易度は高いケースでしたが、上下小臼歯抜歯を行いきれいに治す事ができました。

治療費について詳しくは⇨