%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%9b%86-025

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-29-11-17-34

下の第2小臼歯が先天性欠如し、そのスペースに第1大臼歯が倒れてきているケースです。インプラント治療によるスペース再建を希望されなかったため、スペースを時間をかけて閉じ切りました。下の大臼歯の前方移動はとても難しく時間がかかるためインプラントアンカーというミニスクリューを併用しました。予想通り長く治療期間はかかりましたが、結局上の歯ならびにはワイヤー矯正装置を接着する事なく終え、患者さん負担は少なかったと言えます。