11/2にホテル雅叙園にて、マウスピース型矯正装置【インビザライン】の症例ディスカッションミーティングに参加してきました。これは、全国から症例数の多いドクターがアラインテクノロージー社により招待され一同に集まり、情報交換・共有をする場になります。私も1症例発表いたしまして、ベテランの先生方から色々な意見をいただきとても勉強になりました。

 

このミーティングは毎年開催されているのですが、聞くところによると参加ドクターの人数は昨年の1.5倍になっているそうです。矯正歯科界でのマウスピース型矯正装置【インビザライン】の勢いを感じました。ただ、矯正専門開業の先生でマウスピース型矯正装置を使用してるドクターは、システムをそのまま使うのではなく皆どこか工夫をして使用をしています。決して、患者さんが希望するからシステムに丸投げして導入しているというわけではなく、マウスピース型矯正装置の独自の特徴を最大限に生かしています。

 

症例数トップクラスのドクターには必ず、フィロソフィーがあります。私も自分の中で段々まとまってきた感じがします。今後も患者さんの治療に貢献できるようこれからも研鑽に励んでいきます。

 

↓参加証をいただきました。

 

会場の雅叙園は木造建築の歴史のある建物でアート的にも刺激のある場所でした。写真を撮り忘れましたが。。。

 

↓交流のある先生方と集合写真を撮りました。