当院で使用している審美ブラケット装置InVuについて、治療中の患者様と一緒にインタビューを受けました。これは、矯正器材会社のTPオーソドンティクジャパンが年何回か発行している「Joyfull Voice」というニュースレターの2017.8月号になります。

 

このInVuというブラケット装置は本当に小さく、歯の色にマッチしているため、本当に目立ちにくいと評判です。「歯になじむ」「歯と同化する」「歯に溶けこむ」と言われ、審美系矯正装置の中でもトップクラスの目立たなさです。さらに白いワイヤーを使用する事で少し離れてパッと見ても、治療をしている事がわかりずらいです。ブラケット装置の実物は医院にございますのでぜひ、手にとって見てもらいたいところです。

 

表側にワイヤーをつけるタイプのクラシックなブラケット装置は、多く歴史と治験があり、確実な治療結果を持たらしてくれる安心感があります。その中でも、より目立たなく・小さく、そして壊れにくいInVuを使用する事で矯正治療がきっと楽しくなります。協力いただいた当院の患者さんも、とても良いお話をしてくれて、歯科医師としても治療のやりがいを感じ、なんだか嬉しくなりました。

 

 

治療がスタートしワイヤー装置がついてから、初めて学校や職場に行く時はなんとなく「ソワソワ」するものです。でも心配ありません、InVuならほとんどの人はすぐに気がつかないからです。むしろ、こちらから「矯正しています!目立たないでしょう!?」とアピールしてもらってほしくらいです。そうやって歯並びに関心をもつ人が増え矯正治療を行う患者さんが日本で増える事を私は期待しています。