本格矯正

出っ歯(上下顎前突・抜歯・ハーフリンガル・20代女性・千葉県八千代市)

症例解説

 

オードドックスな上下顎前突の小臼歯抜歯矯正治療です。インプラントアンカーから前歯を後方牽引する事です、裏側矯正治療の反作用を最小限に抑える事ができ、治療期間も2年で終了しました。

 


 

 

主訴:出っ歯

年齢・性別:20代女性

住まい:千葉県八千代市

治療装置:ハーフリンガル(クリッピーL+クリアティ

治療方針インプラントアンカーから上顎前歯を後方移動(口蓋側壁x2本)

抜歯:上下顎第一小臼歯

治療期間:2

リテーナー:上プレートタイプ+クリアタイプ+フィックスタイプ

治療費について詳しくは⇨

出っ歯(上顎前突・マウスピース矯正・非抜歯・高校生男子・千葉県八千代市)

 

 

 

症例解説

 

上顎前突は、外傷で前歯を折ってしまうリスクは高いと言えます。わかりづらいのですが、治療前に右上の前歯を一度ぶつけて破折させてしまっています。ですから、男の子の出っ歯の矯正治療は早めがベターと言えます。ちなみに、マウスピース矯正【インビザライン 】はある意味、スポーツのマウスガードの替わりにもなります。

 

治療は、非抜歯で遠心移動といって、夜間、顎間エラスティックと呼ばれる輪ゴムをかけながら歯を後ろに1本づつ移動させました。この治療法は患者さんの協力がかなり必要になります。患者さんはしっかり装着してくれた事と成長期という事から、マウスピースは1週間交換で進める事ができました。治療後は前歯しっかり後ろに下がり、口も閉じやすくなりました。

 


 

主訴:出っ歯

年齢・性別15歳男子(高校生)

住まい:千葉県八千代市

治療装置:インビザラインフル

治療方針:非抜歯・上顎後方移動・ストリッピング

抜歯:なし

治療期間18か月

アライナー枚数57+14ステージ

リテーナー:上プレートタイプ・下フィックスタイプ

 

治療費について詳しくは⇨

八重歯(叢生・フルリンガル・インプラントアンカー・大学生女性・千葉県八千代市)

症例解説

犬歯の並ぶスペースがないため、八重歯になっている事と、上下の前歯が噛んでいない開咬傾向になっているケースです。
前歯の配列スペースは上の両方の埋まっている親知らずのみ抜歯し、インプラントアンカーを使用して歯列の全体の後方移動を行い獲得しました。途中、夜間に顎間エラスティックと呼ばれる輪ゴムも使用してもらいました。上下とも裏側装置クリッピーLで行うフルリンガル矯正です。誰にも気が付かれずに治療は終了したようです。

 


 

主訴:八重歯

年齢・性別:19歳女性

住まい:千葉県八千代市

治療装置:フルリンガル(クリッピーL)

治療方針:上顎インプラントアンカーによる後方移動

抜歯:上顎埋伏親知らず

治療期間:1年11か月

リテーナー:上下プレートタイプ+クリアタイプ+フィックスタイプ

治療費について詳しくは⇨

前歯の歯並び(反対咬合・マウスピース矯正・高校生女子・千葉県八千代市))

 

 

 

症例解説

歯並びを整える事と受け口傾向になっている下の前歯を中に入れ前歯を噛めるようにする目的で矯正治療を開始しました。目立たない矯正装置を希望であった事と運動部に影響が出にくいマウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用しました。

顎間エラスティックという輪ゴムを上下の歯に夜間かけてもらい、下の歯並びの後方移動(遠心移動)を行いました。治療後はしっかり前歯で噛めるようになり、上下の正中線もピッタシ揃える事ができました。

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別17歳女子(高校生)

住まい:千葉県八千代市

治療装置:インビザラインフル

治療方針:下顎後方移動・ストリッピング

抜歯:なし

治療期間1年10か月

アライナー枚数:23+28ステージ

リテーナー上下プレートタイプ+クリアタイプ+フィックスタイプ

 

治療費について詳しくは⇨

受け口(反対咬合・2段階矯正・抜歯・小学生女子・千葉県八千代市)

症例解説

受け口と犬歯のスペース不足の改善を希望されて治療を開始しました。まだ小学生という事でしたので、プレオルソと内側固定装置(ポーター)を用いて、一旦、受け口と犬歯のスペース獲得のみ準備矯正で行いました。

その後、 中学生になって、永久歯列完成後、上下4本小臼歯抜歯を行い、歯並びの改善を行いました。

 

反対咬合(受け口)の治療は下顎の前方成長が思春期に発生するため、その時期が来るまで本格矯正治療を待たなくてはなりません。ですから、治療期間は長くなる傾向にあります。男子より女子の方が、骨格的な成長期間が短かく早く身長も止まるため、中学生くらいからの本格矯正治療介入が可能になります。

 


 

主訴:受け口

年齢・性別:10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

1期治療装置:プレオルソ・上ポーター

2期治療装置:白い表側矯正装置

治療方針:上顎インプラントアンカーによる後方移動(口蓋側壁x2本)

抜歯:上下顎第一小臼歯

治療期間1年7か月(1期)+1年11か月(2期)

リテーナー:上プレートタイプ・フィックスタイプ

治療費について詳しくは⇨

八重歯(叢生・本格矯正・非抜歯・高校生女子・船橋市)

右側が八重歯になっているケースです。右上の奥歯をインプラントアンカーを使用して後ろに引っ張り、できたスペースに犬歯を配列しました。インプラントアンカーはミニスクリューとも呼ばれる歯茎に入れるピアスみたいなものです。使用する事で通常では不可能な歯の動きを可能にしてくれます。将来的には埋まっている親知らず抜歯を推奨しています。

当院では15歳以上の患者さんに使用しています。

 


 

主訴:八重歯

年齢・性別:15歳女性(高校生)

住まい:千葉県船橋市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ

治療方針:右上インプラントアンカーによる後方移動(右上頬側

抜歯:なし

治療期間1年9か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費について詳しくは⇨

歯並びが悪い(上下顎前突・抜歯・小学生女子・千葉県八千代市)

前から2番目の歯がクロスしている叢生症例です。前歯の噛み合わせが悪い事とやや口が閉じにくそうであったため、上下左右の合わせて4本の小臼歯を抜歯し矯正治療を行いました。歯並びにでこぼこが少ない方に抜歯矯正治療を提案すると、最初はお子様や保護者様に強い拒否感がある事もあります。しかし、最終的にはゴールを考えると、最終的には皆さん納得してくれます。

仕上がりを見ても分かると思いますが、前歯がしっかり噛んでいます。歯を4本減らしても噛む面積は前より増えているわけです。

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)

治療方針:ナンスのホールディングアーチで上顎大臼歯固定

抜歯:上下左右小臼歯4本

治療期間1年11か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

 

本格矯正14歳以下費用

治療費について詳しくは⇨

出っ歯(上顎前突・過蓋咬合・抜歯・ハーフリンガル・20代女性・千葉県佐倉市)

症例解説

小臼歯抜歯を併用した上顎前突ケースです。裏側矯正を希望されていましたので、噛み合わせが深い過蓋咬合の改善に有利なハーフリンガル治療を選択しました。過蓋咬合の場合は、上の前歯の裏側にワイヤー装置を装着すると、下の前歯が噛み込みすぐに装置が破損してしまいます。先に下の歯並びを表側からの装置である程度コントロールしてから治療する事で、容易に上の裏側の矯正治療が可能となるのです。

実は上は2本、下は1本のみという変則型抜歯による治療でしたが、きれいに正中線も一致し、良い仕上がりで終わりました。

 


 

 

主訴:出っ歯

年齢・性別21歳女性(大学生)

住まい:千葉県佐倉市

治療装置:ハーフリンガル(クリッピーL+クリアティ

治療方針インプラントアンカーから上顎前歯を後方移動(口蓋側壁x2本)

抜歯:右下以外の第一小臼歯計3本

治療期間:2年2か月

リテーナー:上プレートタイプ+クリアタイプ+フィックスタイプ

治療費について詳しくは⇨

八重歯(叢生・非抜歯・中学生女子・千葉県船橋市)

スペース不足による八重歯のケースです。初診時にまだ上の12歳臼歯が生えていなかった事と、患者さんが非抜歯希望であったため、夜間サービカルヘッドギア装置を用いて、準備矯正を行いました。適切な時期に使用できたため、6ヶ月ほどで犬歯の生えるスペース獲得できたため、無事そのままを歯を抜かずに配列する事ができました。

準備期間6ヶ月、ワイヤー装置期間は1年6ヶ月で、トータルで治療期間は2年です。14歳以下でスタートすると多くのケースはワイヤーをつける期間は1年〜2年以内と早く終わる事ができます。

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別10歳女子

住まい:千葉県船橋市

治療装置:サービカルヘッドギア・白い表側側矯正装置(クリアティ)

治療方針:上顎後方移動

抜歯:なし

治療期間:2

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

本格矯正14歳以下費用

治療費について詳しくは⇨

頬をよく噛む(シザースバイト・マウスピース矯正・30代男性・千葉県八千代市)

症例解説

左側がシザースバイトといってすれ違い咬合になっている歯並びです。この歯並びは前からみてもわかりづらいのですが、上の奥歯が外側に、下の奥歯が内側に倒れている状態で、よく頬や舌を食事中に噛んでしまいます。矯正装具は、ワイヤー矯正による口内炎を避けるため、マウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用しました。左側は顎間エラスティックも併用して正しい噛み合わせにする事ができました。男性の方にもマウスピース型矯正装置は人気です。

 


 

主訴:左の頬をよく噛む

年齢・性別:30代男性

住まい:千葉県八千代市

治療装置:インビザラインフル

治療方針:歯列拡大・ストリッピング

抜歯:なし

治療期間1年5か月

アライナー枚数:25+10ステージ

リテーナー:上下プレートタイプ・下フィックスタイプ

 

治療費について詳しくは⇨