叢生(スペース不足)

八重歯(叢生・本格矯正・非抜歯・高校生女子・船橋市)

右側が八重歯になっているケースです。右上の奥歯をインプラントアンカーを使用して後ろに引っ張り、できたスペースに犬歯を配列しました。インプラントアンカーはミニスクリューとも呼ばれる歯茎に入れるピアスみたいなものです。使用する事で通常では不可能な歯の動きを可能にしてくれます。将来的には埋まっている親知らず抜歯を推奨しています。

当院では15歳以上の患者さんに使用しています。

 


 

主訴:八重歯

年齢・性別:15歳女性(高校生)

住まい:千葉県船橋市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ

治療方針:右上インプラントアンカーによる後方移動(右上頬側

抜歯:なし

治療期間1年9か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費について詳しくは⇨

歯並びが悪い(上下顎前突・抜歯・小学生女子・千葉県八千代市)

前から2番目の歯がクロスしている叢生症例です。前歯の噛み合わせが悪い事とやや口が閉じにくそうであったため、上下左右の合わせて4本の小臼歯を抜歯し矯正治療を行いました。歯並びにでこぼこが少ない方に抜歯矯正治療を提案すると、最初はお子様や保護者様に強い拒否感がある事もあります。しかし、最終的にはゴールを考えると、最終的には皆さん納得してくれます。

仕上がりを見ても分かると思いますが、前歯がしっかり噛んでいます。歯を4本減らしても噛む面積は前より増えているわけです。

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)

治療方針:ナンスのホールディングアーチで上顎大臼歯固定

抜歯:上下左右小臼歯4本

治療期間1年11か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

 

本格矯正14歳以下費用

治療費について詳しくは⇨

八重歯(叢生・非抜歯・中学生女子・千葉県船橋市)

スペース不足による八重歯のケースです。初診時にまだ上の12歳臼歯が生えていなかった事と、患者さんが非抜歯希望であったため、夜間サービカルヘッドギア装置を用いて、準備矯正を行いました。適切な時期に使用できたため、6ヶ月ほどで犬歯の生えるスペース獲得できたため、無事そのままを歯を抜かずに配列する事ができました。

準備期間6ヶ月、ワイヤー装置期間は1年6ヶ月で、トータルで治療期間は2年です。14歳以下でスタートすると多くのケースはワイヤーをつける期間は1年〜2年以内と早く終わる事ができます。

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別10歳女子

住まい:千葉県船橋市

治療装置:サービカルヘッドギア・白い表側側矯正装置(クリアティ)

治療方針:上顎後方移動

抜歯:なし

治療期間:2

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

本格矯正14歳以下費用

治療費について詳しくは⇨

頬をよく噛む(シザースバイト・マウスピース矯正・30代男性・千葉県八千代市)

症例解説

左側がシザースバイトといってすれ違い咬合になっている歯並びです。この歯並びは前からみてもわかりづらいのですが、上の奥歯が外側に、下の奥歯が内側に倒れている状態で、よく頬や舌を食事中に噛んでしまいます。矯正装具は、ワイヤー矯正による口内炎を避けるため、マウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用しました。左側は顎間エラスティックも併用して正しい噛み合わせにする事ができました。男性の方にもマウスピース型矯正装置は人気です。

 


 

主訴:左の頬をよく噛む

年齢・性別:30代男性

住まい:千葉県八千代市

治療装置:インビザラインフル

治療方針:歯列拡大・ストリッピング

抜歯:なし

治療期間1年5か月

アライナー枚数:25+10ステージ

リテーナー:上下プレートタイプ・下フィックスタイプ

 

治療費について詳しくは⇨

八重歯(叢生・2段階矯正・小学生女子・千葉県八千代市)

 

八重歯といって上の犬歯という歯がスペースが足りないため外側に飛び出している状態の歯並びです。まだ永久歯列が完成していない成長期であったため、1段階目で睡眠時にヘッドギア装置とういう上の奥歯を後ろに引っ張る器具を使用し、十分効果が出たところで、2段階目としてワイヤー装置を装着しました。低位舌といって、上下の歯の隙間から舌が出ている状態だったため、舌の筋力トレーニングなどが、少し大変でしたが、最後は満足できるゴールまで到達できました。

 


 

主訴:八重歯

年齢・性別:10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

1期治療装置:サービカルヘッドギア

2期治療装置:白い表側矯正装置

治療方針:上顎後方移動

抜歯:なし

治療期間7か月(1期)+1年8か月(2期)

リテーナー:上プレートタイプ・下フィックスタイプ

 

治療費について詳しくは⇨

八重歯(叢生・マウスピース矯正・大学生女子・千葉県八千代市)

症例解説

八重歯のケースです。マウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用し、非抜歯にて治療を行いました。1度リファイメントを行いましたので、アライナーの使用枚数は20+11枚です。治療が上手くいった理由は治療途中で埋まっている下の親知らずを抜歯してくれた事です。これにより奥歯までしっかり並べる事ができました。
八重歯とは上下の犬歯がぶつかっていない状態です。犬歯というは、一番寿命が長い歯で上下の噛み合わせのガイドになる大切な歯のため、矯正治療をした事で歯列は長持ちさせる事ができるようになったと考えます。

 

 

治療費について詳しくは⇨

出っ歯と歯並び(叢生・マウスピース型矯正・中学生女子・千葉県佐倉市)

症例解説

学校の部活で金管楽器をしているという事で、従来型のワイヤー矯正ではなく、マウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用して治療を行いました。前歯のスペース不足はストリッピング(IPR)と奥歯の後方移動(遠心移動)にて解消しました。

61枚のアライナーを7〜10日で交換していき、追加アライナーを発注せず1年半という期間で治療を終了する事をできました。コンプライアンスといって、しっかり20時間近くアライナーを使用してくれた事が、予定通り治療を進める事ができた最大の要因です。

 

 

※実際のクリンチェックでの歯の動き方

 

治療費について詳しくは⇨

前歯が後ろにある(交叉咬合・非抜歯・小学生男子・千葉県八千代市)

症例解説

右上の2番目の歯1本スペース不足によって内側に入っているケースです。ナンス型装置にてスペースの獲得を半年ほどで行なった後、上下マルチブラケット装置にて治療をしました。より精密な噛み合わせを作るため、初診時生えていなかった、12歳臼歯が生えるまで治療の終了を待ちましたので、治療期間は2年を超えています。

治療費について詳しくは⇨

かみ合わせが悪い(叢生・抜歯・ハーフリンガル・大学生女子・千葉県八千代市)

 

 

 

 

 

症例解説

以前、他院で上のみ小臼歯抜歯を床矯正を行なった方です。大学生になって、かみ合わせが悪い事を気にして当院で下も小臼歯を抜歯して矯正治療を行いました。大学生の方は成人式という一大イベントがあります。できれば矯正治療を見せたくないという要望にハーフリンガルは応えてくれます。

 

治療費について詳しくは⇨

八重歯(叢生・2段階矯正・小学生高学年女子・千葉県船橋市)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-29-11-17-34

八重歯のケースです。永久歯に生え変わるまでは、ヘッドギア装置にて、上の犬歯の生えるスペースを確保後、ワイヤー装置にて仕上げを行いました。

治療費について詳しくは⇨