こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野正志です。

 

もうすぐ春です!歓送迎会の時期ですね。

 

先日、千葉病院と水道橋病院で合計7年間勤めていました東京歯科大学を退職いたしました。私は矯正歯科医人生のほとんどをここで過ごしました。これからは、この技術を日々の臨床に生かしていければと思っております。

 

全国の大学病院には矯正歯科があります。その中でも東京歯科大学は、すばらしい矯正医を教育プログラムを持っている大学病院の一つと言えます。最初の3年間は全寮制に近い状態で医局でずっと矯正歯科について勉強していたのを思い出します。

 

研修終了後は、水道橋病院で多くの患者さんの診療にあたり、色々な事を勉強させていただきました。時には、患者さんから私の気がつかなかった過失を指摘され反省する事もあったくらいです。東京のど真ん中での診療経験は今でもとても役に立っています。また、その時に知り合った先生達は、今でも気軽に相談できる大切な矯正歯科医の仲間です。皆、各地域でご活躍されています。

 

最終年は自院と大学の掛け持ち診療でしたが、この4月からは大学病院は退職し自院に集中して行く予定ですので、宜しくお願いします。現在でも東京歯科大学水道橋病院・千葉病院は当院の連携病院です。

 

送別会では「感謝状」をいただきました。聞いたら、後輩が時間をかけてきれいに作ってくれたそうです。嬉しいものです。ありがとうございます。

 

東京歯科大学水道橋病院・感謝状

 

⇨院長牧野正志経歴