こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

 

マウスピース型矯正装置【インビザライン】(以下インビザラインと記す)は、開発元のアラインテクノロジー社の広報活動により、今では一般歯科をはじめ様々なクリニックで取り扱いがされています。ただし、中には、ホームページには治療症例と共に詳しく書いてあるが、年間の症例数は数件といったところも少なくないと言えます。

 

インビザライン

 

簡単にオーダーはできるが扱いづらい矯正装置

インビザラインは歯型のデータを送った後に、コンピューター上で歯の動きを細かくチェックし最終アライナーが出来上がるという流れです。マウスピースの作成自体にはワイヤー治療よりコストがかかりますが、クリニックに初期の大きな機器や材料の投資も必要なく、作成までの流れが簡単であるため、一般歯科医院でも多く導入されています。

 

しかし、その後大きく症例数の伸ばす事はありません。それは、ある程度治療していくうちに症例の選択ミスやリカバリー法が分からず、使用しなくなってしまうためです。

 

アライナー型矯正装置は、従来型の治療と異なり歯の移動方法に制限があり、治療方針・適応症例を選ばなくてはなりません。専門学会も注意喚起もしています。そして、多くの症例を経験しないと、この独特な歯の移動の仕方はわかりません。注意して治療を行っても、中には最初の治療計画に問題があり、リカバーしなくてはならないケースも必ず出てきます。これを繰り返して治療のノウハウが医院によって独自に蓄積されていくのです。

 

ですから、同じインビザラインの使用でもクリニックによって治療方針が異なる事は往々にしてあると言えます。

 

 

症例数も大事

もちろん、仕上がりの追求や長期観察をする事も大事ですが、特にインビザラインの場合は症例数も大事になります。一般的なワイヤー治療は大学病院の研修などで模型疑似体験を行ってから治療を行っていくのですが、マウスピース型矯正装置に関しては研修は一切ありません。歯科医師が他院の症例を見たりしながら自分で勉強して、自己責任で使用していくのです。ですから、いかに多くの症例数を扱っているかが治療の上達に関しては大事になってきます。

 

症例数の多いクリニックの種類としては大きく2つに分かれます。

1.インビザラインのみ行う審美歯科系クリニック

2.インビザラインを中心に行う矯正専門クリニック

 

自費補綴治療などのやり直しが必要な場合は、まとめてできるため1の審美歯科系クリニックの良い事があります。仕上がりの良さやリカバリーに関しては2の矯正専門クリニックの方が比較的良いと言えます。2の条件としては最低限、日本矯正歯科学会の認定医以上の専門資格と、症例数を証明するプラチナプロバイダー以上のステータスを持っている事になります。当院はこの条件に当てはまります。

 

マウスピース型矯正装置【インビザライン】とは