こんにちは、まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

 

現代のよく見る表側のワイヤー矯正治療が始まったのはおよそ100年前です。矯正の祖と呼ばれているエドワード・アングルがアメリカで発表したのです。その当時の方針は、歯を抜かない非抜歯治療でした。その後、抜歯・非抜歯論争が今日まで永遠に繰り返されています。

 

非抜歯治療を行うための鍵は、歯列を並べるスペースをいかにして作るかと言えます。その方法の中で、奥歯を後ろに引っ張って、歯ならびの奥行きを作る方法を「大臼歯遠心移動」と呼びます。この方法に使用する代表的な昔からある治療装置がヘッドギアになります。

 

詳しい歴史はちょっとわからないのですが、日本でも最低50年以上は使用されている効果が保証されているクラシックな顎外装置です。当院でも、八重歯になりそうな小学生高学年のお子さんに、ワイヤー装置をつける前の準備矯正として第一選択としています。

 

矯正装置・ヘッドギア

 

ヘッドギアは意外と楽

ちょっと名前がからごついイメージを想像してしまいますが、単純な装置で付け外しも慣れるとすぐにできます。奥歯にバンドというリングをかけ、そこにフェイスボウと呼ばれるフレームを差し込み、首にバンドをかけてゴムで引っ張ります。

 

一見、寝心地が悪そうですが、寝返りしても早々外れませんし。口の中に装着するわけではないので、他の装置と比較しても、意外と違和感は少ないという感想です。痛みに関しては個人差がありますが、朝と起きると、動かしている奥歯がご飯を食べる時、なんだか力が入らない不思議な感じを受ける程度です。

 

ヘッドギアの適応症には3つあります。

1.大臼歯遠心移動(主に八重歯症例)

2.上顎骨成長抑制(主に出っ歯症例)

3.奥歯の固定(主に上下顎前突の抜歯症例)

当院では短期的効果が発揮される1番のみの場合に使用しております。

 

後方移動・遠心移動・矯正歯科

 

使用時間は毎日8時間以上、使用期間は主に6か月〜1年程度になります。時期が良く効果が早い方は1,2か月で目的を達成してしまう事もあります。この適切時期というのは、八重歯を治す場合は、ちょうど上の犬歯が生えてきた頃です。

 

タイミングを逃すと短期的な効果は得られなくなってしまいます。その場合は、抜歯を併用した方法やインプラントアンカーといった付加装置を併用する事になります。また、ヘッドギアを利用して後方移動を行える患者様は、ある程度歯ならびに奥行きがある方になりますので、全ての八重歯の方に使用できるわけではありません。精密検査・診断を行い方針を決定します。

 

⇨ヘッドギアを実際使用した患者様の症例