こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

昨年くらいから、遠方から初診相談に来られる患者様が増えてきました。遠方というのは、当院のある千葉県八千代市の隣接市を超えた場所になります。通院時間にすると片道1時間以上かかる場所です。月に2.3人、当院に相談にいらっしゃいます。中には自宅から片道2時間かけて初診相談に来られた患者さんもいましたが、往復で4時間です!相談しに来て下さる事はありがたい事ですが、これでは通院で1日が終わってしまいます。

 

医院が職場と自宅の通り道であったり、治療が短期間で終わる可能性がある場合を除いて、基本方針として通院時間が片道1時間以内でない場合は当院では矯正治療を引き受けません。この移動時間1時間というのは、往復の移動時間と診療時間を合わせで半日以内で事が済む範囲です。交通機関で来られる場合は、当院は駅前にありますので、電車で40分圏内の場所くらいまでが目安になります。お車でも渋滞や駐車などの時間も考え、40分以内の25キロ圏内がベターです。

 

 

 

毎回の通院時間は大きなハードル

自分の好きなアーティストのライブに行くなら、片道移動時間1時間以上でも全然苦痛ではありません。でも、毎日の1時間以上の通勤通学は苦痛です。これはモチベーションが高さが違うからです。

 

 

矯正治療も初診相談の際は、これから新しい事を始める前という事で、とてもモチベーションが高いです。でも通院が始まると、2年間も変わらずそのモチベーションで行けるとは限りません。例えば、矯正装置の故障による緊急処置や、アポイントが合わないため仕事や学校を休んでの通院など、想定外の事も起こるかもしれません。そうすると、他にやらなくてはならない用事があるのに矯正治療に1日をつぶさなくてはならなくなります。これが何回かあると、必ず治療へのモチベーションが下がって来ます。

 

モチベーションは一度下がると、持ち返すのは難しいです。多くの場合、その後の通院が途絶え、治らないまま矯正治療が中断してしまいます。健康のためと毎週スポーツジムに行き始めたが、仕事で忙しくなり一度休むと、その後は何かと理由をつけて行かなくなり、半年後に解約になるのと一緒です。ジムは止めたら、そのままでも良いのですが、矯正治療は装置を装着したままです!これは患者さんだけでなく矯正医も心配です。

 

ですから、2年近くモチベーションが下がらないレベルでの通院時間の限界は1時間以内と考えております。

 

⇨当院のアクセスです