こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

 

最近は、インビザライン治療を希望で、他院を回られてから当院の矯正治療の初診相談に来られる患者様が増えてきました。医院によってインビザラインで治せるケース・治せないケースなど意見が様々でどれが本当なのか迷ってしまうようです。

 

この適応症の違いは、各歯科医院が治療のゴール設定をどこに置いているかによって生まれす。ですから、一般歯科医院より矯正専門医院の方が適応症例が少ないと説明する事が多いようです。これは、矯正専門医院は、専門医を看板を背負っていますから、治療が中途半端なゴールになるのであれば、無理にインビザライン治療を勧めないからです。

 

 

当院のインビザラインの非適応症

まず間違った情報としては「抜歯矯正=インビザライン非適応」です。抜歯を併用するかしないかは適応症とは全く関係ありません。ですから、当院でも抜歯を併用してインビザライン治療をしている患者様は多くいらっしゃいます。

 

では、どんなケースが非適応かというと、専門的に説明すると「歯根の移動量が大きい症例」です。これは矯正医がみないと判断することが難しいのですが、代表的な噛み合わせのパターンとしては「過蓋咬合」「上下顎前突」が当てはまります。簡単に言うと「前歯の深咬み」「口元が出ている」といった治療にあたって前歯の移動量が大きい症例です。インビザライン非適応症

 

もちろん、過蓋咬合でも叢生(乱杭い)が併発している症例や、前歯の後方移動も量を減らせばインビザライン治療が適応であったりする事はあります。ですから過蓋咬合と上下顎前突、全て非適応という訳ではありません。比較的、非適応の可能性のケースが多いというだけです。

 

これらの判断は矯正治療の症例数が多い矯正専門医の方が間違えありません。また矯正専門医院であれば、非適応のケースでも、部分的にワイヤー矯正装置を使用する事でインビザライン治療療を可能にする事もできます。さらに、見えない矯正治療を希望の患者様の場合、裏側矯正治療を選択する事もできるのもメリットでもあります。

注)全ての矯正専門医院が裏側矯正を取り扱っている訳ではありません。

 

⇨インビザラインについて