こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

当院ももう開院して5年目です。治療開始患者さんも500人を超えています。そうすると、模型を中心とした資料の保管場所が困ってきた今日この頃です。

小型の箱に入れ替えたりしてスペースを作る➡︎できたスペースに押し込む、という作業を常に行なっています。患者さんの大切な資料は大事に保管しておりますのでご安心下さい。

 

ところで矯正治療の歯を並べるためにも同じようなステップが必要です。

スペースを作る➡︎できたスペースに並べる

このスペースを作る作業には、現状の方針では主に4つの方法しかありません。それは、①抜歯・②拡大・③後方移動・④ストリッピングです。

 

10年前くらいまでは、①と②が主流でした。ですが、インプラントアンカーが登場してからは③もよく行われるようになり、インビザラインが行われるようになってからは④のストリッピングが頻繁に行われるようになりました。このストリッピングは専門用語でIPR(Inter Proximal Reduction)と呼びます。

 

IPRってどのような処置?

このIPRは歯の隣接面と呼ばれる部分を0.2mmほど小さくします。ちなみに歯は逆三角形の形をしており、実際は、その端の部分を少し落とすだけです。しかも、多くてo.25mm程度ですから、歯を削る量としてはとても少ないと言えます。エナメル質もこの量で虫歯になりやすくなったり、歯がしみやすくなったりという症状が出る事はほとんどありません。

IPR・ストリンピングの量

処置は、電動ヤスリ又は歯を研磨するタービンを使用して行います。でも、ご安心下さいお痛みはありませ。もちろん麻酔もしません。丁寧にちょっとづつ削りますので時間は意外とかかりますが安全です。

 

このIPRは歯を並べるスペース確保という以外にも2つメリットがあります。1つ目は、成人の方に歯茎が下がってできるブラックトライアングルを減らす事ができます。逆三角形の歯をやや四角形に近づける事で審美的にもよくなります。

 

2つ目は歯と歯の間の初期虫歯を除去です。多くの方はこの隣接面には多かれ少なかれ虫歯を持っている事が多いです。これを早めに除去できる点も良い点です。

 

IPR・ブラックトライアングル

 

IPRは歯を抜かない「非抜歯矯正」には必須の治療方針です。

⇨非抜歯矯正について詳しく