こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

 

矯正治療後には必ず保定期間といって、後戻り予防を行うメンテナンス期間が必ず存在します。保定期間は全ての矯正治療に例外なくありますので、マウスピース型矯正装置【インビザライン】(以下インビザラインと記す)治療後にも存在します。特に治療後すぐは歯列も安定しておりませんのでリテーナーの使用が必須です。

 

実は、後戻りをしてもインビザラインには治療開始から5年間の間であれば再治療保証があり(厳密には治療後2年程度)、再度アライナーを無償で作る事ができます。ただ、さすがに何度も矯正治療をしたくはないとは思います。

リテーナーについて⇨

 

 

 

マウスピース矯正治療にも保定はあります。

透明なマウスピース装置のインビザラインにもリテーナーがあります。インビザラインは前歯を細かく並べますから、少しの段差でも後戻りは目立ちやすいです。よって当院ではほとんどの方に上下の前歯の裏側に細いワイヤーを接着させるフィックスリテーナーを使用します(2年間装着後、希望があれば外す事もできます)。これはワイヤー型矯正治療にも行います。

 

ただし、ワイヤー型矯正治療と異なる点としては、インビザライン治療の場合は取り外し可能なリテーナーが最初から在宅時使用という事です(ワイヤー型矯正は最初はフルタイム使用)。よって、このフィックスリテーナーを装着しておく事で、万が一、取り外し可能なリテーナーの使用が少なくても、歯列を後戻りを最小限に抑える事ができます。

 

この在宅時使用する取り外しリテーナーには2つご用意があります。1つはワイヤー型矯正治療の方にも使用するプレートタイプリテーナー。もう1つはインビザラインのアラインテクノロジー社から作成するマウスピースタイプのVIVERA(ビベラ)リテーナー

 

当院では、この2つを最初の症状によって使い分けをしております。インビザライン治療はワイヤー型矯正治療と異なり、一層マウスピースというシートを噛んだ状態で治療が進みますので、治療直後は奥歯の上下の噛み合わせが安定していません。ですから、当院では、装着時上下の歯がしっかり噛めるプレートタイプを使用する事が多いです。逆に奥歯がよく噛んでいる場合はVIVERAリテーナーを使用する事があります。

 

 

インビザラインのリテーナー

 

 

マウスピース型矯正装置【インビザライン】とは