こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

 

先日、クリニックを休診いたしまして、長野県松本で開かられた日本矯正歯科学科に参加してきました。

 

日本矯正歯科学会は、矯正歯科分野の学術団体では一番大きい学会で、毎年3000人の矯正専門医が集まります。私はその学会の認定医のため、毎年参加しております。

 

今回はインプラントアンカーのトピックスを中心に勉強してきました。インプラントアンカーとはミニスクリューとも言われ、歯を自由に効率的に動かすために使用するため固定源です。このアンカーの登場で、矯正治療の治療方針の幅がかなり広がったと言えます。

 

このインプラントアンカーは、麻酔をして15分以内の簡単な手術で歯茎に設置します。その際10-20%に脱落といって、うまく設置できずスクリューが緩んでしまうケースがあります。脱落してしまうと別の位置に設置し直さなくてはなりませんので、患者さんにも歯科医師側に負担になります。これをどう防ぐかというのも一つのテーマでした。

 

当院では、オルソニアといって電動のトルクドライバーを使用し、低速で確実に安全にスクリュー設置を行なっていますが、これが間違えないようです。手動の設置手術とは異なり、設置時の過剰な力で周りの骨にマイクロクラックといって小さなヒビが入るのを最小限にしてくれます。

医院によっては、口腔外科医に依頼して設置する場合と、矯正専門医が自分で設置するパターンがあります。ただ、実際は治療計画を立てる矯正専門医が研修を積んで設置をした方が、適切な位置に入れる事ができ、トータル的には望ましいと考えております。当院では、院長の私が麻酔を行い設置します。

 

オルソニア・インプラントアンカー

 

ところで長野県は海がありませんので、魚介より鳥や野菜中心でした。そういえば、食べ物としてスズメバチの幼虫の唐揚げを初めて食べました。……珍味といった感じでしょうか?あまり進みませんでした(笑)

 

⇨インプラントアンカーについて