こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

 

初めて来院された患者さんの希望でこのような方がいらっしゃいました。

「歯の裏側のワイヤーが外れてしまったのでまたつけてほしい」

 

このワイヤーはフィックスワイヤーといって固定式のリテーナーの一つです。

患者さんによく聞いてみますと矯正治療後10年近くも装着しているとの事でした。治療を受けた矯正専門医には、「必ず後戻りするのフィックスリテーナーは外さない方が良い」と言われたそうで、外れる事に律儀に付け直しに行っていたそうです。

 

矯正治療後の後戻りは多くの患者様の不安要素の一つです。そしてこの大きな理由にはリテーナーの使用が不十分である事がほとんどです。矯正治療後には全員リテーナーが必要な事は以前お話ししました。⇨治療後にある保定期間という真実 | まきの歯列矯正クリニック

 

リテーナーには取り外し式と固定式の2パターンがあります。当たり前ですが、取り外し式は使用しないと必ず戻ります。取り外し式は、患者さんに歯並びの後戻り管理が任せられています。一方、固定式の方はつけていれば戻らないわけなので、後戻り防止を強力にアシストしてくれます。後戻りのリスクが高い方は絶対に固定式があった方が良いと言えます。

 

 

フィックスワイヤーリテーナー

当院でもフィックスワイヤーを使用する事があります。矯正治療後にもたまに検診にいかなくてはならないため少々、管理が面倒ですが、それ以上に後戻りのリスクを考え使用しています。主に使用するのは以下の患者さんにです。

 

1.裏側矯正・インビザラインなど見えない矯正装置で治療した方

これらの患者様は、少しの後戻りにとても敏感ですから、上下の前歯にほぼ必ずフィックスワイヤーを設置します。もちろん取り外しのリテーナーも併用です。特にプレートタイプなどの取り外しのリテーナーが目立つなどの理由で規定通り使用してくれない傾向にもありますので、後戻りのための保険にもまります。

 

2.スペースや捻れなど後戻りしやすい歯並びの方

上の前歯のスペースやねじれて回転している前歯は、治療後に規定通り取り外しのリテーナーを使用していても戻りやすいと言われている歯並びです。このような歯並びには部分的にフィックスワイヤーをつけたりする事があります。

 

一見、万能に見えるフィックスリテーナーなのですが欠点もあります。それは接着剤の劣化や部分的に強い力がかかると歯から外れてしまう事です。しかも1箇所だけ外れていても患者さんは気がつきづらいです。また、歯石もつきやすいので、フィックスリテーナーをつけている時は年1回でも良いので定期チェックを受けたの方が良いと言えます。

 

このような理由からフィックスリテーナーは管理が難しいため、全ての矯正専門クリニックでも使用しているわけではありません。当院は、成人の方の矯正治療後には、フィックスリテーナーに取り外しのプレートタイプリテーナーを通常使用しております。

 

⇨後戻りについて説明しています。