こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

当院では、見えない矯正治療を希望の方には、歯の内側にワイヤー矯正装置をつける裏側矯正以外に、取り外しできる透明なマウスピース矯正治療インビザラインを矯正治療装置の選択として積極的に提案をしています。

インビザライン

インビザラインはここ2、3年で急激にシェアが伸びました。最近は私の歯科関係の友人からも、「治療後の仕上がりはどうか?」とか「家族の矯正をどこで治療したらよいか?」とか相談を受けます。一応「仕上がりは患者さんの装置使用にかかっている」「治療は症例数の多い矯正専門がお勧め」と答えています。インビザラインは今までのワイヤー矯正治療と異なる治し方のイメージです。

 

どんな方がインビザライン治療を受けているのか?

当院でのインビザライン治療を受けている方は次の2パターンが多いです。

 

1小さいお子さんがいる女性

小さいお子さんがいらっしゃる女性の方は、育児で中々通院できない事が多いです。インビザラインであれば、一回の処置時間も少なく通院間隔も開けられます。また、育休中で期間限定で矯正治療に時間が割ける方も、復職後、装置が目立たない事や通院が楽な事があげられます。

 

2高校生の男子

私も昔そうでしたが、男子に限って見えるワイヤーの矯正治療が恥ずかしかったりします。あと意外と真面目に矯正装置を使用してくれます。また、男子の方が女子よりも歯を抜かない矯正治療の率が高い事もインビザライン治療に向いています。

 

インビザラインは厳密には、永久歯が生えそろう10歳くらいから使う事は可能です。年齢制限はありませんのでご安心ください。ただし職業制限はあります。会食が多いお仕事の方や、CA、メディア露出が多い方は、使用時間の問題でインビザラインはお勧めしていません。

 

まきの歯列矯正クリニック – 千葉県船橋市・八千代市のマウスピース矯正歯科ガイド