こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

矯正治療をご相談される保護者様の中には、自分も昔矯正治療をしたという方も多くいらっしゃいます。ですから子供のころ治療したが、今では少し戻ってしまったのだが、後戻りは防げないのか?と質問を受ける事もよくあります。

 

残念ながら、歯は生きていて使っている限り永遠に動き続けるものです。唯一後戻りを防ぐ方法は、リテーナーを使い続ける事しかないと説明をしています。

 

また、以前矯正治療をしたが、再矯正治療を希望される方もいらっしゃいます。お子さんがいる方は、せっかくなので一緒に頑張っていこうといった感じです。

 

私個人の考えですが、治療を受ける環境があるのであれば矯正治療は何度も受けても良いのでは?、と考えています。歯並びも生き物のようなものです。悪くなるたびにリセットといったイメージです。実際、同業者の私の知り合いの先生には何回も矯正装置がついている方もいらっしゃいます。

 

 

 

再矯正治療を希望される方のパターン

 

再矯正治療といっても、大きく2パターンに分かれます。

 

1.小児矯正や部分矯正を受けたが、仕上げの本格矯正は行っていない。

これは以前に床矯正や部分的ワイヤー矯正装置をつけ治療したケースです。気になる部位の歯並びは当時は良くなったのですが、成長や歯の生え変わり時間が経つにしたがって、歯並びが崩れてきたのです。そして、当時通っていた歯科医院にはもう全然行っていません。

この場合は、歯並び全体を治す本格矯正治療を行ってもらう流れとなります。ちなみに、主に小学生低学年で行う小児矯正は生えている永久歯のみ治すので、大きく分類すると部分矯正と同意義になります。

 

2.中高生以降で本格矯正を行ったが、今気になる部位がある。

これは一度ワイヤー矯正を行ったのですが、その後、気になる部位がでてきたというケースです。よくあるのは以下の3つの症状です。

 

前歯が出っ歯のような気がする。

横顔のバランスに関しては、主観的評価というの傾向があります。子どもの頃は気にならなかったのですが、成人してから前歯が出っ歯傾向に感じる事もあります。この場合は抜歯を併用して再矯正を行います。

 

前歯にガタガタが目立つようになってきた。

治療後にリテーナーを渡されていますが、なかなか規定通りに使用してもらえない患者さんもいます。親しらず生えてくる20代あたりで前歯の歯並びの崩れが気になってきて相談に来られます。この場合は、症状が軽度の場合は前歯のみの部分矯正で対応する事も可能です。

 

上下の前歯が噛んでいない。

前歯の噛み合わせは、口のまわりの筋肉のバランスや舌の癖などで、段々悪くなります。歯科医院で先生に指摘を受けて、再相談される方が多いのですが、一番再治療が難しいです。原因が特定されているのですが、生活習慣の改善は難しいからです。

 

再治療と考えると色々とマイナスなイメージがあります。ですが、これだけは言えます。矯正歯科治療も進歩しています」から、当時治療をしていた頃よりもきっと楽です。

 

↓詳しく説明しています。

再矯正治療をお考えの方へ | まきの歯列矯正クリニック

気になる方は一度、ご相談下さい。

無料相談とは?(これから歯列矯正を相談したい方) | まきの歯列矯正クリニック