こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

夏休みが終わって、新しく矯正治療ライフをスタートした方も多いのではないでしょうか?統計的にも矯正歯科治療の相談は春〜夏が一番多いと言われています。8月からワイヤー矯正装置を装着して本格矯正治療を開始した方は多いのではないのでしょうか?当院でも多くの方が新しく矯正ライフをスタートしました。

 

私も、以前、ワイヤー矯正装置をつけて本格矯正をしていたのですが、何が大変だったかなと思うと「痛み」でも「見た目」でもなく、「食事」だった気がします。

 

どういう事かと言うと、私は当時麺類が好きだったのですが、ワイヤー装置にはさまるはさまる!そして、歯ごたえのある食べ物も好きだったのですが、食べた瞬間「パキッ」と矯正装置が外れる!なんていうのが最初の頃ストレスでした。

 

とは言っても、数か月経つと段々、気にならなくなってくるのですが…

 

インビザライン・食事

 

インビザラインの1番のメリットは「食事が快適」

これは男性に多いのですが、矯正治療を始めると装置が邪魔で食事が美味しく食べられないというのを聞きます。必然的に女性より男性の方が食事の量も多いし、噛む力も強いので、ストレスになるのもわかります。

 

そこで取り外しの矯正装置「インビザライン」で治療ができれば、食事の時に外して食べますのでご飯が美味しく食べれるのです。インビザラインのメリットは「見えない」「痛みが少ない」といったメリットがありますが、私的なポイントとしては「外して食事ができる」という点が1番だと思います。

 

だって毎日1日3回は必ず食べますから!少しでも快適な矯正治療を選びたいですよね。

 

詳しくは↓

まきの歯列矯正クリニック – 千葉県船橋市・八千代市のマウスピース矯正歯科ガイド