こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

昨日は、「第二回プレオルソ研究会」という勉強会に出席してきました。内容は「あいうべ体操」でメディアなどで有名な今井一彰先生の「口呼吸」についての講義と、プレオルソの様々な使い方です。

 

当院でも2年前くらい前より口呼吸患者さんに「あいうべ体操」を指導しているのですが、今井先生の講義を聞きもっとしっかり患者さんに指導しなくてはと再確認しました。

 

あいうべ体操・矯正治療

 

簡単な事でも継続させるのは本当に難しい

全ての事に言えるのですが「継続は力なり」ですよね。歯ブラシも然り、矯正装置の使用も然り。もちろん「あいうべ体操」も然り。

「あいうべ体操」を行うと正しい鼻呼吸のやり方を学ぶ練習になります。体操の原理は今まであった口腔筋機能療法のトレーニングの中から、大事な部分だけを簡単にまとめている感じです。ですからとても取り入れやすいはずなのです。

 

ただし、これには親御さんの協力が絶対必要です!子供さんはたった3分程度の事でも面倒な事はやらなくなってしまいます。また親御さんもしっかり毎日監視するのも難しいところです。当院では指導の際、親御さんも「あいうべ体操」をやっていただいています。家族みんなでやっていただく事を推奨しています。

 

私も寒くてサボっていたジョギングしっかりやらなくては(笑)

⇨口腔筋機能訓練について