こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長(千葉県)の牧野です。

先日、冷たいものがしみはじめた歯の治療をして、年越す前にお口がスッキリしたと思ったら、今度はその後ろの親知らずがしみるようになってきました。

うーん・・・虫歯の治療というのは重なるもんですね。前から虫歯がある事は知っていたのですが、前回の治療の時、麻酔した時にまとめて治しておけば良かったと、若干後悔・・・。

また、知人の歯医者まで行かなくては・・・ちょっと面倒です。

しかも年末で中々アポイントもとりずらいです(涙)

f:id:makino-ortho:20151215072928j:plain

矯正中に虫歯の治療が必要な人


よく初診相談で患者様から、矯正治療中に虫歯が出来たら、わざわざかかりつけ歯科医院まで往復しなくてはならないのが、ちょっと面倒という意見も聞きます。ただ、実際は矯正治療開始前に先に虫歯は治してもらいますし、治療途中は当院でしっかりクリーニングもしますから新しい虫歯ができる事もあまりありません。矯正治療中の虫歯の治療は前からあった虫歯が歯が並んで見えるようになってきたり、一度治した虫歯が再発したケースがほとんどです。

矯正治療中に虫歯の治療をしなくてはならない患者さんはこんな人です。

  • 歯磨きをいつも簡単に終わらせてしまう方。
  • スポーツ飲料や炭酸飲料の多飲など、虫歯になる食生活をしている方
  • アポイントが守れず毎月の医院でのクリーニングがおろそかになっている方。

上の傾向が強い人として、中・高校生のお子さんが当てはまります。

↓虫歯の治療はしませんが矯正専門にはメリットは多いです。

一般歯科よりも安心!矯正専門医院を選ぶ5つの理由 | まきの歯列矯正クリニック