こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

 

先週、六本木まで「黄金のファラオと大ピラミッド展」に子どもと行ってきました。もちろん…私の子どもはこの面白くなさと、ミイラ像の怖さに耐えられなく、即「出たい」というので、さっさと会場を後にしました(笑)。私はアメンエムポペド王の「黄金マスク」が見られたので満足です。

 

黄金のマスクを見た感想としては、古代エジプト人の理想的な顔にもその時代ごとのトレンドがあって、現代とは異なるのだなという事でした。黄金のマスクの顔はどちらかというとEラインから少し口元が出ているような感じで、「上下顎前突傾向」でした。

 

ファラオ・上下顎前突

 

前歯の位置によって口元の印象は変わる

口元の印象は前歯の位置で大きく変わります。前歯が前に出ていたらそのまま口元も前に出ます。口元の印象は、鼻先とアゴ先を結んだEラインからの前後的な距離が基準になります。

 

日本人は鼻が低くアゴも後ろに下がっている骨格のため、欧米人と比較して同じ前歯の位置でも少し口元が出ている印象になりやすいです。ですから、本格矯正治療も口元を下げる事を考慮すると抜歯を併用した矯正治療の割合が高いと言えます。実際、当院での成人の矯正治療の抜歯率も40%近くになります。

 

きれいなEラインを作るためには、下アゴのラインを緊張なくきれいに作らなくてはなりません。「口元が出ている」「口が閉じにくい」と感じる方は、前歯の歯並びは良かったとしても「上下顎前突」の可能性が高いです。これは日本人には多い傾向にあります。「上下顎前突」は抜歯を併用して矯正治療を行うのが通法です。

 

今は精密検査をすればパソコンソフトである程度、矯正治療後の横顔の予想図も作成する事ができます。これを見れば、治療効果がわかりやすいと思います。

 

⇨上下顎前突は矯正で変わります。