こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

 

先日、同級生の友人と話いて気がついたのですが、私は歯科医になって10年目になっていました。10年近く矯正治療をしていると思うと「長くやってきたな」と感じます。

 

確か学生時代にはもう矯正歯科の道に進もうと決めていました。私は数学の中の証明が好きでしたので、論理的で計算的要素が強い矯正歯科が歯科医療の分野中で一番向いていると、当時感じたのを今までも覚えています。

 

ただし歯科医療の中で矯正歯科の科目は学生時代はほとんどありません。実は、歯科医師になった後から矯正治療の勉強のスタートするのです。大学を卒業するのに6年間かかっているのに、そこからさらに3年間以上は勉強がある事には愕然としたのを覚えています。

 

一度終わってからまた勉強を再開するには、モチベーションを上げるのが中々難しいものでした。

 

 

矯正装置除去は保定期間のスタートです。

約2年の本格矯正治療を終えるとキレイな歯並びを獲得できます。そしてこの瞬間から保定期間がスタートします。保定期間とは歯並びが戻らないように、安定を図る期間です。歯科医院での管理は最低2年です。多くはその後は個人管理になります。

 

矯正治療も今は治療期間がどんどん短くなっている傾向がありますが、残念ながら保定期間に関しては短くはなっていません。

 

この保定期間、何をするかと言うと、リテーナー(保定装置)を使用していただきます。保定装置には固定式と取り外し式がありますが、取り外し式リテーナーは最初の頃は、なんとフルタイム使用です。

 

さらにこの話をすると皆さん驚きますが、リテーナーというマウスピース装置を食事と歯ブラシ以外、1日中装着していなくてはなりませんこの矯正治療終了直後のリテーナー装着をサボってしまうと、簡単に後戻りしてしまいます。

 

治療後のリテーナー

 

矯正装置はずしてもすぐにフリーになるわけではありません。そこから新たなモチベーションが必要です。私も未だに使用しています。一緒に頑張りましょう!

 

⇨治療後のリテーナー