まきの歯列矯正クリニック院長の牧野正志です。

夏休みの相談として圧倒的に多いのは歯を抜かない矯正治療の希望です。もちろん私たちも非抜歯矯正を行っていますが、全ての患者様に歯を抜かない矯正治療を行っているわけではありません。非抜歯矯正には向いている人と向いていない人がいます。また、治療を開始する時期というのもあります。

 

非抜歯矯正とは何か?

矯正で歯を並べるためには、歯を並べるスペースの獲得が必要になります。スペースがないと、歯を正しい位置に移動ができません。このスペースの獲得には以下の4つの方法があります。

f:id:makino-ortho:20150802070300p:plain

このうち①の抜歯以外の3つの方法を組み合わせたのが非抜歯矯正と言います。

②〜④の組み合わせです。獲得できるスペース量は①抜歯 ≒ ②+③+④といったイメージでしょうか。つまり抜歯の併用が一番スペースが獲得できるという事です。

 

という事は非抜歯矯正が向いている方はあまりスペースを必要としない

☑︎前歯出ていない方

☑︎歯が大きくなくデコボコが少ない方

が対象という事になります。

 

加えて、準備矯正から始められる

☑︎小学生から矯正治療を始めたお子様 

の方が効果が出やすいです。

 

↓歯を抜かない治療について動画で解説しています。