まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

家に帰ったらこどもの歯磨き当番は私です(笑)寝る前に膝の上に頭をセットしてしっかりチェックします。一応、歯医者さんの子供が虫歯が出来たら、私が恥ずかしいですからね(笑)

 

夏休みは子供達達が家にいる時間が長くなり、食生活が乱れやすくなります。暑いので常にスポーツドリンクを飲んだり、間食の量が増えたりと。そして・・・虫歯が増えます。

 

中学生未満のお子様は、お家の方が歯ブラシをチェックしてあげるのがベターです。決して過保護ではありません!

 

糸ようじの効果

その中で、特に毎日使ってもらいたいのは糸ようじ(デンタルフロス)です。歯ブラシの後に歯のすきまに通すアレです。ハンドルタイプであれば1分程度で終わります。子供でも簡単にできます。これだけで、かなり虫歯予防ができます。

f:id:makino-ortho:20150716063932j:plain

 

なぜなら乳歯の虫歯のほとんどは歯と歯の隙間にできるからですここは普通の歯ブラシでは磨けません。糸ようじを使いましょう。

 

最近は、乳歯のころから歯と歯のすきまが「ぎゅうぎゅう」で将来、歯並びが悪くなりそうなお子様が増えています。ですから小さい頃から糸ようじで虫歯予防です!

 

かなり虫歯が防げるとわかっていても、意外とこれを毎日やってくれる保護者様は少ないんですよね。

 

⇨矯正治療の方もしっかりフロス